このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重ブランド > 認定制度 > 三重ブランド認定制度とは

三重ブランド認定制度とは

〜「本物づくり」への支援と三重のイメージアップに向けて〜

三重ブランド認定制度の目的は? 認定対象や認定申請資格は? どのように認定されるの?
認定委員会とは? 認定基準とは? 認定されるとどうなるの?

三重ブランド認定制度の目的は?

三重県の豊かな自然、伝統等地域の特性をいかした生産物(生産され又は加工された物をいう。)のなかから特に優れた県産品及びその生産者を三重ブランドとして認定し、情報発信することにより、三重県の知名度を向上させ、観光及び物産の振興並びに農林水産業等の生産者の意欲を高めることにより地域経済の活性化に資することを目的としています。

認定対象や認定申請資格は?

認定の対象は、原則として三重県内で生産又は製造された県産品とその生産者の方々です。  また、認定の申請を行うことができる資格のある方は、農業、林業、漁業若しくは製造業を営む個人、法人又はこれらを営む者で組織される法人若しくは団体であって、原則として県内に主たる事業所を有し、三重県が賦課徴収するすべての税と消費税及び地方消費税に未納がない生産者の方々です 。

ページのトップへ戻る

どのように認定されるの?

三重ブランドの認定を受けようとする県産品の生産者は、毎年度知事が定める期間内に三重ブランド認定申請書を提出する必要があります。
  知事は、三重ブランド認定基準に基づく認定審査を三重ブランド認定委員会に諮問し、その結果を受けて知事が認定します。
  認定の有効期間は、認定した日から認定した日の属する年度から3年目の3月31日までです。なお、有効期間が終了となる場合において、認定事業者から辞退の申し出などがないかぎり、知事は認定の更新ができます 。

認定委員会とは?

三重ブランド認定委員会条例(平成19年条例第39号)に基づき、設置された知事の附属機関です。その委員には、マーケティング、ブランド、流通、集客交流、情報発信など各分野に精通した県内外の有識者が就任しています。
  知事の諮問に応じ、三重ブランドの認定に関する事項等を調査審議します。

認定基準とは?

「自然を生かす技術(人と自然の力)」(自然や伝統を守り育む意志や自然との共生、共存を図りながら自然の力を引き出す知恵が脈づいている)をコア・コンセプトに、
1. コンセプト  2. 独自性・主体性  3. 信頼性  4. 市場性  5. 将来性
の5つの視点から「三重ブランド認定基準」を定めています。

認定されるとどうなるの?

三重ブランド認定品の知名度向上と三重県のイメージアップを図るため、三重県を代表する県産品として、認定事業者と県が協働して全国への情報発信を行います。

ページのトップへ戻る