このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重ブランド > 認定制度 > 新丸の内ビルディング7階で「三重県フェア」を開催しました。

東京新丸ビル7階で「三重県フェア」を開催しました。

県内の農林水産物やその加工品等を広く全国に情報発信する目的で、平成21年1月13日(火曜)から25日(日曜)まで、東京新丸の内ビルディング7階「丸の内ハウス」にて、「三重県フェア」を実施しました。

フェア開始の13日には、オープニングセレモニーとパーティを実施しました。

1実施状況

(1)オープニングセレモニー

セレモニーでは、江畑副知事からレストランオーナー・シェフに対して、フェア期間中の積極的なご協力についてお願いしました。

セレモニーの様子はこちら

(2)オープニングパーティ

 パーティは、7階レストラン「MUSMUS(ムスムス)」で開催しました。メディアやレストラン関係者約100名にご参加いただき、認定事業者から食材の説明と認定品にかける思いを直接聞いていただくことができました。

パーティの様子はこちら

(3)三重県フェアのメニューについて

期間中、丸の内ハウスの全8店舗にて、三重ブランドや三重県の特徴ある食材を使用したメニューを提供しました。

三重県フェアのメニューは、概ね好評を得ており、多くの方々に三重県食材を使った料理を召し上がっていただけました。

三重県フェアの全メニューはこちら

(4)三重県食材及び三重県の歴史についての勉強会の開催

    三重県の食材の豊富さ、三重県の歴史背景の深さを知っていただくための勉強会として「美し国三重のおいしい勉強会」を2回開催しました。両日とも、約35人が集まり、講師先生のお話に耳を傾けました。

勉強会の様子(写真)はこちら

1.「三重は食材の宝箱?料理通信編集長が語る食材発見の楽しさ」

ア.講師  君島佐和子氏(料理通信社編集長。三重県の「バイオトレジャー発見事業」選定委員)

イ.開催日時  平成21年1月15日(木曜)19時0分〜20時0分

ウ.内容  三重県食材のこだわり背景についての話

     君島氏勉強会の内容はこちら

2.「伊勢神宮と食文化〜もっとしりたい!神宮さんの食の話〜」

ア.講師  矢野憲一氏(NPO法人五十鈴塾塾長。40年間伊勢神宮に奉職後、現職。)

イ.開催日時  平成21年1月19日(月曜)19時0分〜20時0分

ウ.内容

神宮が伊勢に決まった背景の一つとして食の豊かさがある話

      矢野氏勉強会の内容はこちら