このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重ブランド > お知らせ > ”地物一番”鳥羽スタイル

鳥羽国際ホテル”地物一番”鳥羽スタイル 開催中

鳥羽国際ホテルでは、”地物一番”鳥羽スタイル「サマーディナーバイキング」を開催中です。
鳥羽志摩産の魚貝はもちろん、三重県産の農産物や海産物、県内各地に伝わる伝統食をホテル風にアレンジして、”地物一番”にこだわった約40種類の料理の数々が楽しめます。
 
【開催期間】2010年8月1日(日)〜8月31日(火)
【時間】17時30分〜20時(最終入場) 1回目 17時30分〜   2回目 19時30分〜
       ※ご利用時間は90分以内です。
【場所】バンケットルーム「海城」
【料金】大人5,000円、小人2,000円、幼児1,000円(3歳以上)
       (前売り券 4,500円 鳥羽国際ホテルまたはお近くのローソンでお求めください。)
 
※メニューの一例
  三重県産牛肉の炙り焼きを目の前でスライスして提供したり、地元産の鮮魚や野菜の天ぷらをアツアツで、また、さざえのつぼ焼きもご用意。その他にも、スタッフが地元を歩いて食材を探し出し、ホテル風にアレンジした料理が提供されています。
 ◆南勢迫間浦、志摩立神 ミルと海ブドウの酢味噌
   水がきれいな内海の英虞湾・五ヶ所湾で採れるミル(海藻)は、昔から「腹ぐすり」になると言われて  
  います。奈良時代に朝廷に献上された記録も残っています。新顔の海ブドウとともに酢味噌で。
 ◆鳥羽スタイルバーガー
   南伊勢町のあおさ海苔をパン生地に練りこみ、答志島の白身魚とタイラギ貝をサンド。
 ◆志摩の鯛、南島阿曽浦ひおうぎ貝 魚貝のブイヤベース
   志摩、鳥羽は魚貝の宝庫です。豪快で風味豊かなホテルの名物料理です。
  デザートも鳥羽国際ホテルオリジナルのチーズケーキをはじめ、伊勢茶を使ったパウンドケーキに夏 
 のフルーツやシャーベットなど。
  
  詳しくは、鳥羽国際ホテルホームページをご覧ください。
  鳥羽国際ホテルホームページ    
 
ページのトップへ戻る