このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重ブランド > お知らせ > 三重県産牛肉応援懇談会

JAグループ三重主催の「三重県産牛肉応援懇談会」が開催されました

  東日本大震災に伴う原発事故の影響により牛肉の消費や価格が低迷している問題で、8月17日、消費を回復しさらに拡大させようと、三重県農業協同組合中央会主催による「三重県産牛肉応援懇談会」が津市にあるホテルグリーンパークで開催されました。
 JA、畜産、漁協、生協等の関係者をはじめ、鈴木英敬知事、高橋千秋外務副大臣や各市町長、県議会議員など約120人が参加し、松阪牛、伊賀牛、三重県産黒毛和牛など、県産牛肉の焼き肉、カレー、新米のおにぎりなどを試食しながら懇談し、関係者が一丸となって、牛肉の安心・安全の確保、消費回復に取り組むことを確認しました。
三重県産牛肉応援懇談会
 
 奥野会長からは「安全な食品を届ける責務がある。国、県とも一丸となってしっかりした体制をとっていなくてはいけない。」と挨拶がありました。
 また、鈴木知事は、「安心を取り戻したいという皆さんの思いに応えて、1日も早く全頭検査にとりかかりたい。」として、県産牛肉を試食し、「三重の牛肉は安全で、おいしい!」とアピールしました。
 試食する鈴木知事県産黒毛和牛県産牛肉カレー
  

なお、三重県では、現在、適正に管理された稲わらが与えられており、県内産の牛肉は安全であると考えていますが、県内農家と一緒になって県産牛肉に対する県民の皆様からの安心感を取り戻し、農家経営の健全化を図るため、県産牛肉の放射性物質の測定、いわゆる全頭検査を開始します。

 

県産牛肉にかかる放射性物質の全頭検査等にかかる問い合わせ先

三重県農水商工部  農畜産室       TEL 059−224−2541

             農水産物安全室   TEL 059−224−3154

 

 
 
ページのトップへ戻る