このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

三重ブランド > お知らせ > 「真珠」の装い

「真珠」で装いに華を添えませんか!


しっとりと気品のある柔らかな光沢。志摩の海を映し出しているかのような、虹色の輝き。その神秘的な美しさは、世界の人々を魅了してやみません。
 
三重県での真珠養殖は、明治26(1893)年に、御木本幸吉氏が世界で初めてアコヤ貝による養殖法を発明して以来、英虞湾を中心に発達してきました。
英虞湾では、リアス式海岸により波穏やかな漁場が形成されるなど真珠養殖に最適な自然環境が整っています。このように恵まれた自然環境で育まれる伊勢志摩産の真珠は、核入れから1年以内に生産される「当年物(とうねんもの)」と呼ばれる真珠で品質の高いものが多く、透明感があり光沢のよいことが特徴です。
 
お客様をお迎えする機会が多くなるこのシーズン。
装いのアクセントに真珠のアクセサリ―をプラスして、神秘的な輝きを身にまといませんか。
 
三重ブランドWEBサイト 「真珠」
http://www.miebrand.jp/15732017724.htm

 

















 
   
ページのトップへ戻る